アリレートカーボン レビュー 特徴

アリレートカーボン レビュー 特徴

この素材は結構前(10年くらい前??)からあると思うんですが、最近またトップ選手が続々と使用を開始しましたね。

 

特に木材5枚合板を使っていた、中国選手などがアリレートカーボンに切り替えるケースが目立っています。若手などはもう木材よりアリレートカーボンのラケットを使う選手のほうが 多いいくらいではないでしょうか?と

 

中国選手だと馬龍選手、張継科選手などが使っていますね。

 

アリレートカーボン

 

管理人が使った感覚としては、なんか不思議な素材だ!!というのが率直な感想です。

 

打球感がかなり独特でソフトなのですが、しっかり弾くし、スピードのあるボールが出るんですね。

 

例えば一般的な木材の場合ですと打球した際、ラケットに吸い付くような感覚がありますが、そこからの反発はあまり強くないので、自分の力で飛ばす必要がありあます。

 

逆にカーボンだと打球して、直ぐに反発しようとするため、玉離れが早く、少ない力でも飛んでいきます。

 

これは卓球と言うよりは、物理のお話で硬い物にボールが当たった場合と柔らかいものにボールが当たった場合の差だと思うのですが、アリレートカーボンでは物理では簡単に考えられないような特徴があります。

 

 

柔らかいんだけど、少ない力で勝手に飛んでいく。つまり特徴としては玉持ちがいいけど、よくはねる素材といった感じです。

 

回転がかけやすいけど、スピードのある素材。

 

なんだか夢のような素材ですが、アリレートカーボンとはそういう素材だと思います。

 

★アリレートカーボンの最新一覧カタログ★

管理人使用ラケット


管理人使用ラバー


最高評価ラケット


見出し